【成長期の筋トレで背が伸びなくなる】の真相

こんにちはATCのだびでです。

 

もう年末といっていいところまで来ていますね。

 

ここらで仕事納めまでラストスパートを切る人少なくないと思います。

 

私は仕事自体は平常運転なので特になにを変えるつもりもありませんが…

 

筋トレは最近自分なりに良い感じに追い込めていると確信しています。

 

なんせこうやってキーボードをたたいている間もなんだか体が重いですから(笑)

 

ところで皆さんこの筋トレに関してこういった噂を耳にしたことありませんか?

 

【成長期に筋トレをすると身長が伸びなくなる】

 

まあ要は筋肉は基本に硬いといったイメージを持つ方が多いので、そのせいで骨が押さえつけられてしまい成長が阻害される。

 

または

 

または筋肉を育てる方に栄養がいってしまって骨の成長が阻害されてしまう。

 

といった感じで日本ではまことしやかにささやかれているです。

 

これどう思います?

 

もっともそうな理論で実際身長が伸びなくなりそっっちゃいそうですよね?

 

でもこの説じつは…

 

証拠となる研究結果はありません(笑)

 

もちろん十分に研究されていないだけかもしれませんし…

 

まあそもそも研究結果があったからと言ってその結果をうのみにしていいのかといった疑問もありますが…

 

しかしながら【成長期の筋トレで背が伸びなくなる】という方の説を強くサポートできるだけの材料も前述した通りございません。

 

ただしかし

 

筋トレをしている最中にあることが起きてしまうと確かに身長が伸びなくなってしまう可能性はございます。

 

そのカギは成長期の子供の骨に現れるにあります。

 

成長軟骨

Image result for growth plate

画像参照:https://www.drugs.com/mcd/growth-plate-fractures

 

上の画像にある赤いラインがその成長軟骨の部分なのですが、ようは成長期はここの部分が成長することによって骨の長さが伸びていくのです。

 

なので言ってしまうとこの成長軟骨が消えるともうその骨は伸びません。

 

レントゲンなどでも確認できるのですがこれはもう一度消えてしまったら私の知る限りではもう戻ってきません。

 

そこで先ほど申しましたあることというのはこの成長軟骨にダメージが入ってしまうケースです。

 

もちろん筋トレというのは体に負荷をかけてその負荷に適応しようとしておこる体の反応ですから、その負荷が大きすぎれば当然体のいたるところにダメージとして現れます。

 

そのダメージが成長軟骨にはいると最悪骨の成長が止まってしまうというわけです!

 

しかしながらこれは筋トレだけしてる時に起こるものではなく、怪我と同じようなものなのでスポーツをしている最中だって起こりますし、なんなら外で遊んでいたって起こりえます。

最後に

断っておきますが、私は幼いころから筋トレすることを推奨しているわけではございません!

 

しかし筋トレだけが悪者になるのも違うんじゃないかな?

 

と思い本日このようなブログを書きました。

 

お子さんなどがいる方はどうか筋トレに嫌悪感を示さずある程度は許容してあげてください。

 

日本から一人でも多く世界に通用するアスリートがこれから出ていくことを切に願っております。

 

それでは皆様、良いアスリートライフを!

ノスタルジー

person holding two father and son photographs

こんにちは、ATCのだびでです。

 

忘年会のシーズンとなってきて付き合いの幅が広い方なんかは年末に向けて夜はどんどん忙しくなってくる時期ですね!

 

私の方はというと…

 

まだ忘年会の予定なども含めて年末はなにも予定が入っておりません(笑)

 

いや決して嫌われているわけではありませんよ!?

 

お誘いいただいても仕事と被ってしまっているだけなのです!本当です!!

 

ただ私の場合はお酒が好きではないので忘年会の場に行っても正直あまり楽しくはないと思うので正直これでいいやと思っているところもあります(笑)

 

ところで忘年会っていうと普通は職場の仲間だったりがほとんどかと思いますがこれって地元の友人とかでも集まったりするものなんですかね?

 

というのも私、地元では忘年会はおろか同窓会もよばれたことは…でして…

 

そこのところ普通はどうなのかなと、昨日ある出来事があったため気になってしまったのです。

 

ノスタルジー

昨日、実家近くの道を駅まで歩いていた時のことです。

 

前から小学1年生くらいの男の子と3歳くらいの女の子を連れたお母さんが前からゆっくり歩いてきていました。

 

私実は子供が大好きでして(変な意味ではない)…

 

近づいてくる子供を穏やかな表情で見つつふとそのお母さんの顔をみると何と小学生の時の同級生だったのです(笑)

 

向こうも私の方にはすぐに気付きすれ違いながら二言、三言、言葉を交わしたのですが…

 

そのあとなんだか妙にノスタルジーというかそういった感情を抱いたのです。

 

なんだか小学生の頃の友達もそうですが、久しく会っていない友達と無性に会いたいという感情に襲われました。

 

共に部活に青春をささげた○○君は今どうしているのだろう…とか…

 

大学時代によく一緒に授業を受けたあいつはいま、どこにいてどんな仕事をしているのだろうとか…短い時間でしたが過去を懐かしむ感情に襲われました。

 

決して後ろ向きな、マイナスの感情ではありません。

 

ただ私も6年前に単身アメリカという地に行き、これまでほとんどわき目も振らずに道を突き進んできて…ここにきて過去を振り返りたくなったのかもしれません(笑)

 

ともかく昨日の出来事はそのくらい私には衝撃的?といいますか大きな出来事だったわけです。

 

皆さんは急にこういったように過去の学友や友人とふと会いたくなる瞬間ってありますか?

 

またどういった時にそのような感情になりますか?

 

昨日の私がそうであったように他の人にもあるのかどうか少し興味があります(笑)

究極のコミュニケーションツール

boy batting baseball near catcher beside gray fence

こんにちはATCのだびでです。

 

最近町ゆく外国人の方の数が増えていると感じませんか?

 

少し前だったらラグビーワールドカップなどの影響かな?とか思ったりもしましたが…

 

ただの私の体感ですが、やはりまだまだ外国人の方々に遭遇率は下がるところを知らないといった感じです。

 

まあ調べてみると日本に来る外国人観光客の数自体が近年急激に増えているようですね。

 

日本にそれほど魅力があるということだと思うのでこれは素直に嬉しいです。

 

私はタイに3年、アメリカに5年と人生のおよそ4分の1ほどを海外で過ごしているのですが日本というのは本当に素晴らしく世界一の国だと思っております。

 

来年のオリンピックの際は多くの方が海外から訪れることが予想されますが、ぜひ訪れてくれた全員が良い思い出として記憶に残してもらえたらと思っております。

 

ところで話の方向性はグイっと変わりますが皆さんはスポーツというものをどのようにとらえていらっしゃいますか?

 

スポーツの役割

このスポーツの役割というのは人によって様々ですよね。

 

ただの運動だと考えているい人、娯楽の一部としている人、職業としている人…

 

もうあげだせば本当に色々あると思いますが…

 

私としては海外生活をしていた間、スポーツはコミュニケーションツールとしての役割が結構強めでした。

 

もちろん選手として本気でプレイを楽しんでいましたし、完全にコミュニケーションのツールとして使っていたわけではありませんが…

 

やはりこのスポーツがなかったら私の海外生活は上手くいっていなかったと今でも思います。

 

というのもスポーツにはルールがありその枠組みの中で競技が行われます。

 

となればお互いにルールさえ知っていれば言葉を話さずとも同じ競技をプレイし、その時間を共有することができるのです。

 

これから

来年はオリンピックがあります。

 

選手、サポーター含め、世界中から大勢の人たちが日本にやってきてスポーツの祭典を盛り上げてくれることでしょう。

 

しかしその裏で、私はなにか自分が経験したようなことを日本に住んでいる方々に経験してほしいと思っています。

 

というのも、スポーツを通せば外国の方々とコミュニケーションが簡単にとれるという感動を多くの人に味わっていただきたいなと…夢想しております。

 

もちろんまだ構想しているだけの段階ですが、海外の方々との交流をスポーツを通して行えるようなイベントを企画できたらなと…そう考えています。

 

正直日本人って英語が苦手です…

 

いや英語に限らずその国民性もあり、恐らくコミュニケーション自体が得意ではないと思います。

 

ですがスポーツというツールを通せばこの問題を解決できると確信しています。

 

私はただのトレーナーなのでこういうことを考える立場にないのかもしれませんが…

 

なにか最近はこういったことをよく考えるようになってきております(笑)

 

皆さんなにかオリンピックに乗っかってやってみたいことなどありますか?

 

一生に一度のイベントですからね…

 

なにか大きなことをやってみたいものです。

トレーニーがお茶を飲むべき3つの理由。

こんにちはATCのだびでです。

 

仕事がひと段落したので、最近はのんびりしてしっかり体を休めていたはずだったのでが…

 

またしても風邪気味になってしまいました(笑)

 

思うに人間少しくらい張り詰めた生活をしていないとだめなのかもしれませんね…

 

もちろん追い込まれすぎるのも良くないですが適度な忙しさこそが、私には重要なのかもしれません。

 

ところでいきなり話題を180°程変えまして質問があるのですが…

 

皆さん紅茶はお好きですか(笑)?

 

私は基本的にあまり好んで飲んだりといったことはないのですが…

 

昨日はふと紅茶が飲みたくなったので、以前住んでいたアパートの近くにある紅茶屋さんでティーパックではありますが少しばかり購入しました。

f:id:ATCatBloom:20191204143351j:plain

特に好みがあるわけではないのでおススメの物を詰め合わせたものを買いましたが、なにかお気に入りができれば今後もリピートしていこうかなと思っております。

 

まあいつも通り私のどうでも良い自分語りをしてしまいましたが…

 

ここからはタイトル通りお茶をが我々トレーニーの体にもたらしてくれる素晴らしい恩恵を3つほどご紹介していきます。

 

抗酸化作用

まず我々が生活するうえで体の中は常に酸化の危機にさらされております。

 

そしてトレーニーやアスリートなどは自らが行ったトレーニングによってさらに強い酸化ストレスをその身に受けているのです。

 

そこで重要になってくるのが抗酸化物質です。

 

これはその名の通り酸化作用に抗う物質でして植物などに含まれるポリフェノールなどがこの役割をに担ってくれているといわれております。

 

ここまで言えばもうお気づきですよね?

 

そうです…

 

紅茶に入っている茶葉は植物由来なので当然このポリフェノールを豊富に含んでおります!

 

普段のお仕事や筋トレで傷ついた皆様の体を酸化から守ってくれる素晴らしい飲み物なので、ぜひ積極的に普段の生活に取り入れていきたいですよね!

 

ちなみに私たち日本人の生活に根付いた緑茶にも皆さんご存知、カテキンというポリフェノールが含まれているので実は英国人よろしく紅茶にこだわる必要がないというのはここだけの話です…(笑)

 

パフォーマンスの向上

最近では成分を調整されてはいっていない場合も多くありますが…

 

お茶であれば基本的にはアスリートのパフォーマンスをブーストするあの物質…

 

そうです、カフェインが入っております!

 

このカフェインは15年くらい前まではドーピングの扱いを受けるなど、もはやアンチドーピング委員会からお墨付きをもらってるといってもいいほどでして…

 

パワーもそうですが持久力もしっかりとブーストしてくれるといった研究結果が出ておりますので、射撃などの極度に正確性が要求される競技以外は、どのアスリートが摂取しても効果は得られるのではないかと思います。

 

問題点としましてはお茶に入っているカフェインの含有量はそこまで高くない場合がほとんどですので…

 

日常的にコーヒーやエナジードリンクなどを摂取している方にはあまり大きな効力は期待できないかもしれません。

 

効率的なエネルギーの消費

これは先に紹介した二つの物質、主に緑茶に含まれるカテキンとカフェインの効力が合わさっての効力であるといわれておりますが、脂肪の燃焼効率を上げるといわれております。

 

皆さんご存知かと思われますが、1g当たりのエネルギー効率が一番高いのは脂肪でして、1gあたり9kcalです。

 

この基本的に全ての人についているであろうこの脂肪という名のエネルギー源を効率よく燃やして運動できるということはとてつもないアドバンテージであると言えます。

 

そして統計ではお茶の摂取量と体重には負の相関関係があるとされておりまして、どういうことかというとお茶をよく飲む人ほど体重が少ない傾向にあるということです。

 

もちろん全てのトレーニーが体重を減らす必要があるわけではありませんが、そういう段階になったときにお茶を活用していくという選択肢も私は悪くないのではと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

本当はこれ以外にも心臓病のリスクを下げるだとかインシュリンの感受性を高めるだとかいろいろな効力がお茶に入っている成分にはあるのですが…

 

一応トレーニーやアスリートに向けて書こうと思ったので生活習慣病的な要素は入れずに書きました。

 

トレーニーの方はこれをみて少しでもお茶の魅力に気付いてもらえたら幸いです。

 

それでは皆様、良いアスリートライフを!

Black Friday

こんにちはATCのだびでです。

 

日曜が終わろうとしておりますね(笑)

 

担当しておりましたスポーツチームのシーズンがひとまず終わりましたので、先週から土日がオフになっているのですが、まだなんとなくペースをつかめずにいます。

 

といっても勉強や筋トレはしっかり続けておりまして…

 

特に自分の体に関しては以前よりもしっかりと時間をかけて鍛えていけている分コンディションは非常に良くなっていると感じております。

 

一応の目標としては体はある程度できてきたので、ここらで少し体重を減らしてみようかなって思って少し計画中です。

 

ところで皆さん各所で行われているBlack Fridayにてなにか購入したりしましたか?

 

私はアメリカのサイトで日本で買うとけっこうなお値段がするものを購入し現在到着を待っている段階です。

 

なので今日はBlack Fridayで手に入れたブツを紹介していきたいと思います。

Hypervolt

f:id:ATCatBloom:20191201175734p:plain

購入したのは上にある画像のもので名前をHypervolt(ハイパーボルト)と言います。

なんだか釘を打ち込んでいくネイルガンみたいな見た目をしていますが簡単にいうとこれはマッサージ機です…

 

こちらのマシン、Percussion Therapy(パーカッションセラピー)というマッサージをしてくれるものでして…

 

まあ簡単に言えば体をいい感じい叩くという携帯式マッサージマシンです。

 

しかしこのHypervolt…人では到底行えないような高速スピードでこのPercussion Therapyを行ってくれるものでして、これをすることでトレーニング後の疲労軽減に大いに役立ってくれるという代物なのです。

 

疲労を軽減させる主なメカニズムとしてはこのPercussion Therapyを行うことで、周辺の筋肉の血行を促進させ栄養が行き届きやすい環境を作ってくれることが1つ目としてあげられます。

 

次にGate Control Theoryというのですが、まあ簡単に言うと神経が痛みを軽減するシステムをPercussion Therapyで刺激することによって疲労感自体をそもそも軽減していきます。

 

そのためこちらのマシンの使用で直接的にパフォーマンスの向上などは期待できません。

 

しかし疲労軽減の効果があるということは、日々の練習の効率を少しづつあげることに繋がりますので間接的にアスリートのパフォーマンスを上げることができると私は考えております。

 

まあとりあえず自分と身近な人間に使って少しづつ慣れておいて、大丈夫だと思ったらクライアントやアスリートに使っていければなと…そう考えております。

 

一応私の画像と説明だけではどんな風に使うのかイメージつかないと思ったのでレビューされている動画を載せておきます(笑)


Hyperice HYPERVOLT In-Depth REVIEW | Best Massage Gun of 2018?

 

こういったマッサージ機を筆頭にスポーツ界ではどんどん新たなテクノロジーが導入されて言っております。

 

今後もなにか新しい物を購入しましたら、こちらの方でシェアさせていただきます

 

それでは、明日は月曜日…

 

今晩は早めに休んで来週に備えましょう!!

11/29‐本日イイ肉の日ですがここで衝撃の事実!

sliced meats

こんにちはATCのだびでです。

 

皆さん肉はお好きですか?

 

私は大好きです!!

 

もう週に1回くらいは無性に肉が食べたくなり欲望のままにステーキを食らっております。

 

そしてなんと本日11月29日はいいニクの日だということではありませんか!

 

まあ私はどっちかというとボリューム重視のところがあるのでそこまで良い肉は求めておりませんが…

 

とにかくスーパーでもお肉が安くなっていること間違いなしなので、今日はしっかりお腹を空かせ、気合を入れて夕飯の買い出しに向かいたいと思います!

 

ちょっとした落とし穴

と冒頭の部分で肉が食いたいだのなんだの言っておいてなんですが…

 

この肉については様々な研究がなされておりまして食べることで良い点もあればやはり悪い点もあったりするのです。

 

もう面倒なので以下に原文そのまま載せさせていただき、後から需要な部分だけ訳します!

 

Eating large amounts of red meat can raise LDL (bad) cholesterol levels, but new research suggests you should curb your intake of white meat, too. The findings were published online June 4, 2019, by The American Journal of Clinical Nutrition.

Researchers randomly assigned 113 healthy adults, ages 21 to 65, to follow a four-week diet with high levels of either red meat, white meat (chicken and turkey), or plant-based protein (such as nuts, whole grains, soy products, and legumes). Afterward, LDL levels in the high-red-meat diet group rose, as predicted, but the researchers found that high levels of poultry had the same effect on LDL levels as red meat.

In comparison, people in the plant-protein group saw their LDL levels drop by about 7%. The researchers cited the diet's phytosterols (plant chemicals), which can lower cholesterol levels, as the most likely reason. They concluded that reducing your intake of all meat — red and white — and eating more plant proteins may be the best approach for managing LDL levels.

 

まあどんな記事かというと…従来赤い肉(牛肉など)はLDLコレステロールを上昇させる効果があるとされてきたが実は白い肉(鶏肉など)でもLDLコレステロールの上昇が確認されましたよ〜って記事です。

 

ちなみに記事の掲載元は私がこよなく愛する天下のハーヴァードメディカルスクールです。

 

これにおると被験者に3つのグループに分けられ、4週にわたり赤い肉、白い肉もしくは植物由来のたんぱく質を多めに摂取するグループに分けられ、前後の血中LDLコレステロール値を比べたようです。

 

その結果赤い肉をメインに摂っていたグループと同じく白い肉を摂っていたグループにもLDLコレステロールの上昇がみられたということです。

 

しかしながら植物由来のたんぱく質を摂っていたグループには7%のLDLコレステロールの減少したそうです。

 

研究者は最終的にこれはphytosterols(フィトステロール)という植物由来の化学物質がこのようにLDLを下げているのではと考察しております。

 

まとめ

肉はおいしいです!

 

私にとっても恐らく大多数の人にとってもたんぱく源と言えば肉でしょう。

 

しかし本日紹介した記事の様に、動物の肉ばかり食べていたのでは健康を損ないかねません。

 

なので今日くらいはおいしい肉をがっついてもらって構いませんが、本日以降は植物由来のたんぱく質も意識して摂っていただけると私としては嬉しく思います!

 

皆様が健康でいられることを心より願っております!

 

それではまた午後からお仕事頑張りましょう!

 

参照サイト:https://www.health.harvard.edu/staying-healthy/white-meat-raises-bad-cholesterol-levels-just-like-red-meat

減量チャレンジ

person standing on white digital bathroom scale

こんにちはATCのだびでです。

 

今日はタイトルにある通り減量について少しだけお話していきます。

 

というか私がそろそろ減量でもしようかと思っているのでここに少し私なりの減量に関する考え方をまとめるといった感じです。

 

お正月は毎年のように体重が増加するといった方ははこの辺で私と一緒に一度体重を落として備えておいても良いかもしれませんね。

 

脂肪を燃やす

まあ減量といえばこれを減らさないと話にもならないですよね。

 

もちろん筋肉を減らすなんてことは論外ですし、他に減らせるところなんて体の中にはございませんので必然的にここを絞ることとなります。

 

で、いきなり確信をつきますが減量というのは基本的にはただの足し算引き算です。

 

消費エネルギーが摂取したエネルギーよりも多ければ基本的に脂肪は減っていきますし、逆ならば太るといった単純な話なのです。

 

まず手始めに1㎏の脂肪を落とすために消費しなければいけないカロリーの量はおよそ7200Kcalと言われています。

 

なので例えば1か月間で1㎏落とそうと思えば単純に30で割ればいいだけなので一日240kcal消費を優位に持ってくればいのです。

 

なので一日に2000kcal食べる人は2240kcal消費すれば自然と痩せていくのです。

 

大体どのくらいかというとごはん普通盛り(140g)一杯くらいです。

 

運動で減らそうと思ったら例えば体重が70㎏の人であれば大体4㎞くらい歩けば消費できますのでまあ大体1時間歩けばいいということになりますね。

 

どちらが簡単かは人によって違うと思いますが、大食いでもなければこのごはん1杯を減らすというのもきついかと思います。

 

じゃあ1時間歩くのか?ってことになりますが…それもきついですよね?

 

そこで私が提案するのは50:50の半々です。

 

なので30分歩いて米の量を半茶碗分減らすという方法です。

 

これならばぐっとハードル下がったような気がしません?

 

しかしこれはもちろん月に1㎏を減らすためのプランです。

 

なので例えば3キロ減らそうと思えばこの3倍の量のカロリー消費が必要になり体感としてはおそらく5倍くらいきつくなります(笑)

 

しかしもともとの体重にもよりますがこの一か月3キロ当たりがギリギリ健康的に痩せられる範囲かなと思うので場合によっては体調が悪くなる可能性だってあります。

 

なので減量は計画的にやる必要があるのです!

 

筋肉を増やす

筋肉を増やせば基礎代謝があがります。

 

この基礎代謝というのはまあ行ってしまえば生きているだかけで何もしなくても消費するカロリーのことで筋肉の量が多ければ少しづつ高くなります。

 

そしていろいろな意見がありますが筋肉を1キロ増やせば総合的に考えて大体13Kcal程基礎代謝を上げられるとされております。

 

なんだたったの13か…と正直思ってしまいますよね?

 

しかしながらこれは筋肉単体で考えたときに13kcalなそうなので…

 

実際は1㎏筋肉が増えることによって様々な体の機能が活性化し、なんやかんやで50kcalくらい基礎代謝があがるそうです。

 

それでも50か…って思った人いません?

 

でもこれ単純に1年分の365を掛けたら何もしてなくても2.5㎏も痩せるだけの基礎代謝の増加なので決して私は低くないと思っております。

 

もちろん筋肉を育てるというのはそんなに簡単なことではありませんが中長期でダイエットをしていこうと考えているかたはやは筋トレを行うことも必要かなと思います。

 

まとめ

年末まで時間がないので今から少しやせておきたいという方には正直筋肉を増やすという点ではもう間に合いそうにないので、前半に書いたように食事と運動(有酸素運動)を行うことであまり精神的に負荷をかけずに痩せることが可能でしょう。

 

しかしながら少しだけとはいえ食べられる量は少なくなりますし、運動もせねばならないので始める前にちゃんとその辺は覚悟して臨むようにしましょう!

 

反対にお正月までにとかどうでもいいからこれから地道に体重を落としたいって方、もちろん食事制限や有酸素運動も有効ですが、同時に筋力トレーニングを行って代謝を上げていくっていうことも一つの手段ですので筋トレを続けられそうな環境があるのならばそちらをお勧めいたします。

 

それでは私も有言実行のために今からジムに参りますでこの辺で…