プッシュアップ何回できる?

man smash the ground

こんにちはATCのだびでです!!

 

今日は皆さんが大好き腕立てについて少しお話をしていこうと思います!!

タイトルは最近流行りのあのアニメを意識して付けましたが内容はいたって真面目に書いていくつもりですので最後まで読んでいただけると幸いです。

プッシュアップ

プッシュアップがなんだかわからない人のために言っておきますとこれは日本語でいう腕立て伏せです。

主に胸にある筋肉と俗にいう二の腕にある筋肉を使用して上半身を持ち上げていくエクササイズとなります。

私はアスレティックトレーナー以外にフィットネスのインストラクター的なこともやっているのですが、このプッシュアップが満足にできない人は意外と多く、男性はともかく女性は半数以上の方ができないような気がします(あくまで私の体感です)

健康効果

そんなプッシュアップについてハーバードのメディカルスクールが面白い調査をしておりまして、なんとこのプッシュアップがたくさんできる人ほど心臓病になるリスクが低い傾向にあるといった報告がなされております。

 

実際にどういったものだったかというと、平均年齢40歳の消防士1104人を対象に1分間で何回プッシュアップができるかのテストをしたそうです。

 

そしてそのテストから10年後、現在の健康状況を調査したところ回数がプッシュアップができた回数が多かった人ほど心臓病のなっておらず、10回以下しかできなかったグループと比べると心臓病になる可能性が97%程も低かったそうです。

 

11回以上できたグループとも比較したところ、10回以下しかできなかったグループよりもこちらも健康状態がよかったとのことです。

まとめ

  • プッシュアップをできる回数が多ければ多いほど将来心臓病になるリスクが減っていく。
  • 多くの数をこなせなくとも10回できるかできないかがまた一つの基準となり、10回の壁を境に結構な差が将来的にでるとの報告でした。

 

 

さて皆さんは果たして1分間に何回できそうですか?

アスリートの方には40回くらいは軽くできていてほしいところですが、そうでない方もとりあえず11回以上はできていてほしいところですね…

 

今回私が驚いたこととして腕立て伏せの回数が一種の健康の指標となるということもそうですが…

消防士の中に腕立てが10回できない方がいらっしゃったことですかね…

もちろん個人によって様々な理由があるのは重々承知ですが…

最低限自分の身を守るためにも腕立てが10回もできないのでは少し心もとないような気がします…