脳を健康にしたいって?北海道フェスに行こう!!

 

こんにちはATCのだびでです。


私昨日は代々木公園で現在開催されております北海道フェアへと足を運んできましておいしい物をたくさん食べてまいりました。

 

実は私は生まれてこの方、北海道の地に足を踏み入れたことはなかったため、昨日の経験はすべてが私にとって新鮮でありました。


おいしい海産物やお肉、野菜を食べることができ、意外と栄養バランス良く食事を楽しめたのではないかと…

自分の中では思っておりましてもう毎日でも行きたいくらいです。

 

さて、いつも本題とは全く関係のないところから始まってしまいますがここからグイっと方向転換をしますね。


タイトルにあるように栄養素、とりわけ脳に良いのではないかと巷で噂されている栄養素とその真実についてお話していこうと思います。

 

Omega-3 Fatty Acid

なんか英語にするとかっこよさげですね。

でも日本語にするとオメガ3脂肪酸で、これはちょくちょく他の記事で紹介したりしてます。

主な効能は抗酸化作用だったり抗炎症だったり私たちの大好きな筋肉を守ってくれる働きをしてくれます。


この栄養素は脳の細胞膜の生成にも作用しているとされており、私たちの大切な脳細胞を間接的に守ってくれているのです。

 

ちなみにこのオメガ3脂肪酸EPADHA、ALAの三種類あります。


EPADHAなんかは魚を食べることで摂取できる一方、ALAはほうれん草などの緑色の葉をした野菜から摂取できます。

 

DHAまたはEPAは体内でALAから少量変換されますが、十分な量をそれで補えるわけではないので海の幸から取る必要が出てきます…

 

しかしながら魚を食べることで脳の機能が上昇するといった報告はあってもこのオメガ3脂肪酸という栄養素単体で脳の機能がよくなるという可能性は低いとされております。


なのでなにが言いたいかというと脳の機能を高めたいならば、オメガ3脂肪酸だけを摂取するのではなく新鮮な野菜を食べましょう!!もっというと北海道フェスにいこうということです!!

 

Vitamine E

次はビタミンE(英語風にいうとヴァイタミンE)ですがこれは活性酸素の脳への影響を抑えるとされており、さらには深刻な脳の病気であるアルツハイマー病の症状を軽減させる可能性があるとされています。

 

とある研究では軽度から中程度のアルツハイマー病の患者に多量のビタミンEを摂取させたところ生活の質が少々向上したとされています。

 

しかしながらこれは予防、ましてや治療に使われるものではなく、逆に多量のビタミンEを摂取することで出血性の脳卒中のリスクも高まるということです…


なにごとも取りすぎずバランスが大事ということですね…

 

ビタミンEは野菜はもとより多くの魚介類も豊富に含んでいるとされております。


なのでもうこの栄養素を摂取しようと思ったら、現在代々木公園で開催中の北海道フェスへ行くのが個人的におすすめです!!

 

B Vitamins

最後にビタミンB群です!

このB群で特にB6、B9、B12はアルツハイマー病や痴呆症との関連性が指摘されているホモシステインという物質の代謝を助けてくれるとのことです。さらには新しい脳細胞の生成を助ける働きまでしてくれるとのこと…これはもう期待が持てますね!!

 

しかしながらこの栄養素はほとんどの人が十分に摂取できているとされており、特に気を付けてこの栄養素をとるといった必要性はないでしょう(笑)

 

しかしもし「私足りないかも…」と心配になってしまい、今日から気を付けて摂取していきたいという方のためにB群を豊富に含んでいる食材をご紹介します。

 

赤身魚羊肉に豊富に含まれているそうです!!

 

さすがにもうお分かりですね?

 

北海道フェスに行きましょう!!

 

それではみなさん良い週末を!!

 

ちなみに来週からは九州フェスだそうです!!