アスレティックトレーナーの必需品

こんにちはATCのだびでです。

 

今日は私がトレーナー業務を行うにあたって普段愛用?というか身に着けている物などを中心にご紹介していきます。

服装

まずこの服装については基本的には所属しているチームによって当たり前ですが変わってきます。

 

普段の練習では自由でも試合の時などは決まった服装があったりと様々で、大体チームから支給されたチームロゴが入った服を着ることになります。

 

パンツを指定されるところは恐らく稀だとは思いますが、基本的にカーキやブラックのチノパンで夏ならば半ズボン、冬ならば長いのをはいているといった感じで下の画像のような感じです。㊟あくまで私のイメージです(笑)

 

画像参照:https://vapantherpress.com/2277/features/importance-of-athletic-training/

 

大学やチームの規模によって所属しているトレーナーの数は変わってきますが、やはり全員がしっかりと同じ服装でそろえているとやっぱりかっこよくてなんだかプロフェッショナルな感じがしてチーム自体もなんだか強そうに感じたりします。

 

そしてもちろん一年を通して活動していく上で必要になってくるものがありまして、それがレインギアとなります。

 

その現場の気候にもよりますが、これは上下共に完全防水のものを用意しておかないと結構ひどい目にあったりします。

 

私がアスレティックレーニングを学んだペンシルベニア州は冬になるとマイナス25℃まで気温が下がることもあるので、もう冬の雨や雪の日なんかに濡れた服なんて着ていたら低体温症で選手のケアどころではなくなってしまいます。

 

まあそもそもマイナス25℃まで下がれば屋外練習は基本的に休みとなりますが(笑)

トレーナーバッグ

これは言わずもがな私共の業務には必要不可欠なものでして、中身はざっくりいうと各種テープや応急処置の道具などとなっております。

 

道具やその割合などはその所有者のトレーナーによって様々ですが、まあだいたいのトレーナーは同じよなうな感じではあると思います!

molten(モルテン) アスレチックトレーナーバッグ KT0040
 

 

大体のイメージをつかんでいただくために一応中身が入っている商品も載せておきます。こんな感じなんだなというイメージを掴んでいただければ幸いです。

 

その他

え?もうその他?と思う方多いかと思いますが…トレーナーにとっての必需品はそこまで多くありません(笑)

 

あとは己の知識を総動員してアスリートのサポートを続けるのみとなりますが、この知識もトレーナーによって本当に様々です。

 

というのもATCになるための試験を突破していれば必要最低限の知識は身についているので、その後にどのような知識を深めていくのかは個人の判断となるのです。

 

私であれば最近はカイロプラクティックを学び始めたり、ストレングストレーニング系の資格をいくつか取得したりしていますが、正直これらはアスレティックトレーナーに必ずしも必要な知識ではありません。

 

もっとメディカル寄りの知識、それこそリハビリ系の知識を深めていくことの方が本来のアスレティックトレーナーとしての在り方かもしれませんが…

 

私の目指すところはそことは少し違うので、私が異端なのかもしれません(笑)

 

と…話がなんだかそれましたが私が使用しているその他の道具は下の写真にあるようなツールを使うIASTM(Instrument Assisted Soft Tissue Mobilisation )と言われるもので日本だとスキンストレッチといわれたりもします。

この拷問器具の様なツールで体のケアをしていくのですが、これについての細かい話はまたいつかいたしましょう(笑)

 

後はやはりトレーナーと言えば時計ですね。

 

時間を計らなければならない場面が意外と多く施術しているときやストレッチを行っている際、腕の時計を確認しながら行うことが多いので必需品だといっても過言ではないかと思われます。

 

そして仕事柄、防水なのはもちろんのことあらゆる面でのタフさが要求されるのでもうこうなるとタフさに定評のあるG-Shockが最適だと思われます。

 

防水なので多少の水ではビクともせずある程度ラフに扱っても大丈夫!さらに私の物はソーラー電池なので電池切れの心配もない!トレーナーのために作られたような時計…それがG-Shockです(笑)

最後に

他にも細かなギアを紹介しだすとまだまだあったりしますが…今日一度に紹介するのはやめてまたの機会にさせていただきます。

 

なにかご質問などございましたらコメントくださるとものすごく嬉しいです!

 

それでは皆様、良いアスリートライフを!