My Bestest Town

street time lapse photography

こんにちはATCのだびでです。

 

風邪からやっとこさ解放されました(笑)

 

思えば喉の違和感は先週の土曜日から始まっていたのでほぼ一週間かかったということに…

 

子供の頃は風邪なんて数年に一度引くくらいでしたし、それも1~2日あれば十分だったのに私も落ちぶれたものです。

 

あの風邪を引いて学校を休み一人家で留守番をしている感じ…

 

あの罪悪感を感じつつも非日常を楽しむあの感じ…

 

子供の頃に戻りたいと今思いました(笑)

 

とまあ私の風邪の話なんてどうでもよく…

 

今回は私の【特別な街】について書いていこうと思います。

 

My Bestest Town

思い返せばいままで国内外様々なところに住んできました。

 

大半は日本に住んでいますが、タイに3年アメリカに5年と国外もそこそこの長さではあります。

 

その中でどこの街が特別かというと結構難しいですが、あえて言うと3年住んだタイのバンコクです。

 

これはもう色々な理由がありますが…

 

まず海外旅行にさえ行ったことなかっただびで少年が小学校卒業とともにいきなり異国の地に住み始めたわけですから…

 

それはもう12歳のだびで少年にとって大きな変化だったわけです。

 

そして子供の頃の記憶というか思い出ってやっぱり強く残っている物でして…

 

今でも当時バンコクに住み始めて得た感覚を今でも覚えております。

 

まず住み始めた当時のバンコクでも実家のある茨城の田舎町とは比較にならないほど都会であり、そこにまず一番の満足感?のようなものを感じておりました(笑)

 

めちゃくちゃ田舎者だったので都会住んでいるという感覚がまず嬉しかったのです(笑)

 

そして実際にしばらく住んでいて慣れてくると現地のすなわちタイ人の友達もできます。

 

日本人ではない友達を作れたということ…これがとてつもない喜びでした。

 

逆に最近まで住んでいたアメリカでは世界中に友達を作れましたが、やはり最初の一人ができた時と違って大した感動はありませんでした…

 

思うに

これを書いていて思いましたが私にとっての特別な街…場所はどこでもよかったのかもしれません。

 

私の場合その場所でどのような体験しそれに対し自分のがそれによってどのくらい動かされたかが基準となっているため、この場所はあまり大きな要因ではないのかもしれません。

 

とはいえバンコクという場所がその経験を私に与えてくれたのは紛れもない事実なので、これからも私にとってここが特別な街であることに変わりはないでしょう。

 

皆さんはどこの街が自分にとって特別であると感じていますか?

 

よろしければ皆さんの特別な街、コメント欄にでも書いて教えていただけると嬉しいです。

 

それではあと半日、のんびり頑張りましょう(笑)

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街
by リクルート住まいカンパニー