ふとした疑問

wheat field

こんにちはATCのだびでです。

 

今日は食物の話をしたいと思います。

 

GMO

その食物というのはGMO(Genetic Modified Organism)についてです。

 

英語だとなんのこっちゃわからんといった方、多いと思いますがこれは遺伝子組み換えのことです。

 

これに関しては世界中で嫌悪感を抱く人って多いですよね。

 

私の母親も結構こういうったものにはうるさかったので、私も幼いころはもう毒が入ってる食べ物みたいな認識でした。

 

でもこうして大人になってみて改めて、これって本当に言われているほど悪い物なのか?とようになりました。

 

まずこの遺伝子組み換えに対して嫌悪感を抱く方々と先日たまたま会話したのですが…

 

「なぜ遺伝子組み換えをそこまで嫌うのか」という問いに対してのはっきりとした理由は正直持ち合わせておりませんでした。

 

「周りの人はみんな悪いと言っているから」という意見がほとんどで、少し理由を述べられる人でも食べているとになるとかまあその程度です。

 

その癌についてもどんな発がん性物質が含まれているとかそういった情報はありません。

 

いや仮に言われてもそもそも私には理解できないのですけどね(笑)

 

しかしこの癌が発生するといったもの…調べてみるとSeraliniという方がラットを使った実験で遺伝子組み換えを食べさせていると癌の発生率が上がるといった研究結果を発表したための様ですね。

 

この研究が世に出たことによって遺伝子組み換えは危険という認識が一気に広まったといわれております…

 

しかしです。

 

この研究結果に実は問題があったということで、すでに撤回されているのです。

 

まあその後もGMOに関しては数々の研究がなされ、結果としては良い結果も悪い結果も出ているそうです…

 

1つ言えることはGMOに関しては危険であるか安全であるかまだ判断がつかないのが現状といったところの様です。

 

なのでとんでもない健康効果だってあるかもしれませんし、やっぱりとんでもなく悪い物である場合もあるわけですね。

 

思うに

これを受けて私個人的にはあまり気にする必要はないのかなと…そう思います。

 

ほとんどすべての物にはメリットもありデメリットもあります。

 

まあどんなものでも要は限度を越えなければさして問題はないのではないのでしょうかね。

 

加工食品であふれかえっているこのご時世に、この遺伝子組み換えだけ毛嫌いするような合理的な理由が今回調べた限りでは見つけることができませんでした。

 

もちろん嫌な人は徹底的に避けた方がいいと思います。

 

楽しい食事の時間をこんなことでストレスを感じながら食べるなんてナンセンスです。

 

今のところ遺伝子組み換えでない食品も世には多く流通していますし、お金さえ払えばこの遺伝子組み換えを避けるのは特に難しいことではないと思います。

 

なんだか最後嫌味っぽい文章になってしまいましたが、別に私は誰かを否定したりするつもりは毛頭ございません。

 

まあ要は何が言いたいかと言いますと…

 

自分が健康だと思う方法を選択しましょう!

 

それだけです。

 

皆様が健康でいられることを心から祈っております!